死にたい方の【 L i f e 委員会 】| 公式ブログ

死にたい「人生」を逆転させる手順を研究している
Life委員会の公式ブログです。

 

「死にたい」人生を逆転させる手順を、頑張って考えております。

あなたはなぜ「死にたい」と思うのか?心身からのメッセージ

最近の日本での自殺者は3万人を超え、
失業率が1%上がると自殺者は3500人も増えると言われています。

深刻だと思いませんか?


しかしそのような現状があっても、
私は政治家ではありませんので、
政策で何とかしようなど大きなことは出来ません。


それでも、以下のテーマを
一緒に考えていけたらと思っています。



< あなたはなぜ死にたいと思うのですか? >

  • 仕事がうまくいかない
  • 時間がなく、物事がうまくすすまない
  • 恋人にふられた。もしくは恋人ができない
  • お金がない
  • 仕事がない
  • 病気になってしまった
  • 大切な人に先立たれてしまった
  • 子どもが意に反して不良になった
  • いじめられている
  • 友人に裏切られた


以上のように理由はたくさん、
人の数ほどあると思います。


なぜ死にたいと思ったか・・・
どうしてそんな事を考えなければならないのでしょうか?

(思い出したくもない事、
 傷口をえぐるような問いに違いないでしょうが。)


なぜなら、
今の自分の「死にたい」感情を何とかしようとするなら
「死にたい」という感情そのものを知る必要があるからです。

それは丁度、車のエンジンの不具合を直そうとする場合
エンジンそのものについて勉強する必要があるのと同じです。


一部のカウンセラーは闇雲に

「ポジティブに生きよう!ポジティブに考えよう!」

と励ますかもしれません。
しかし、こんな闇雲なアドバイス
しっくり来ない人が大多数ではないでしょうか?

なぜなら、このアドバイスは原因も因果関係も関係なく、
ひとつの方法でしかないためです。


ですから代わりに、
「死にたい」という感情をハッキリさせましょう。



< あなたはなぜ「死にたい」と思うのか? >


それは、自分に生きる価値がないわけでも
根っからのネガティブ思考だからでもありません。


「死にたい」感情は、
あなた自身の心身からのメッセージなのです。


耳を澄まして下さい
・・・このような声が聞こえてきませんか?



「今の現状に対策をした方が良いですよ」



分かり易くするために
身近なところで考えてみましょう。


例えば、風邪を引いた場合
自分の身体からはどのようなメッセージが出ているでしょうか?


風邪を引いた時、
外から入ってきた異物をなんとかしようと
白血球が働きます。

白血球は、無理をせず体を休めて、
体温を上昇させた方が活発になります。

つまり身体は主人であるあなたに
こんなメッセージを出すわけです。


「お願いですから寝ていてください!」


不調をあなたに伝えるために身体は
いろんな手段を使います。

  1. 熱を出して、頭をぼーっとさせます
  2. 頭痛をおこします
  3. 鼻水を出します
  4. 下痢になるようにします
  5. 体はきしむように痛くなります
  6. だるくて動きたくなくします


これらは全て


「お願いですから!
 余計なことをせず休んでいてください!」


という体からのメッセージなのです。
それを無視すれば、
薬を飲んでも、治らずに風邪をこじらせるだけですね。


例え話が長くなってしまいましたが、
ポイントは以下です。


「死にたい」と思う時には
身体や心身のメッセージに真剣に耳を傾けて下さい。

そうお伝えしたかったのです。


「死にたい」と思うその思いは切実です。
真の意味で、あなたの命にかかわります。


でも、「死にたい」と思うあなたの心身が求めているのは
命が終わり、ここで活動を止めてしまう事ではありません。


きっと心身が言葉を使えたら
こう言うはずです。


「ご主人、あなたのこの現状に何かしら対策をしていただきたい。
 でないと、一番近くから見ている私は
 あなたの頑張り、働き、生活、すべてが心配で、心配で・・・
 極端なメッセージを出して申し訳ございませんが、
 何かしらの対策をお願いしたいのです。ご一考をお願いします」


あなたの心身もそんなにガラリと
現状を変えて欲しいとは言わないはずです。

ほんの少しでいいんです。
する事を変えたり、食事を変えたり、習慣を変えたり、
人間関係を変えたり、住む場所を変えたり、職場を変えたり
(私の経験した事しか思いつきませんが。)

ほんの少しだけ
何かを変えて欲しいと思っているのです。

あなたの心身は決して「命が無くなってしまえばいい」
などとは考えていないはずです。


でも「その位のレベルの状況ですよ」
とは言いたいのかもしれません。


・・・ここで、
ある方は手を挙げて以下のように言うかもしれません。


「ほんの少し変えるって何をすればいいのですか?」


では、これから私の記事では私と一緒に
「死にたい」感情への対処法を考えていければと思います。


これから記事を通して「こうしてはどうですか?」
と提案をさせていただくこともあると思います。


その提案が少しでも参考になるなら、
これほど嬉しいことはございません。



hiro
この記事へのコメント
yo | 2009年09月08日 20:32
対処法、何か出来るならやっています。どうにもできないから苦しいんです。死んだ方が楽になれる。
shin>yoさま | 2009年09月11日 10:54
コメントに感謝致します。

そうですよね。
どうにもできないから苦しいんですよね。

私も現在、「自分の力」ではどうしようもできない
問題を抱えております。

せめて、問題を解決するための
具体的な道のりだけでも見えれば良いんですが

真っ暗な牢屋の中よりも、
天井から一筋の光が差し込む牢獄いた方が
ましだと思いますので。
yama | 2009年09月13日 19:38
生きているのが不思議なくらい
不幸なことが
舞い落ちる
それでも
生きろと?
オレは
毎日毎日ずっとずっと
戦ってきた
でも
残ったものは何もない
今日も
無理して仕事がんばった
でも何も残っていない
空っぽな毎日
死にたい
死にたい
死にたい
shin>yamaさま | 2009年09月16日 19:21
yamaさま
コメントに感謝しております。

「不毛な毎日」

これは、私が昔に
心から悩まされた気持ちです。

私は以前、
生きている意味を見いだせず
毎日を「不毛だ」と悲しんでおりました。

現在、私は「脳科学」を勉強しております。
そして私に必要なのは
ドーパミンという脳内物質だった事を
突き止めたのです。

きっとyamaさまに必要なのも
ドーパミンでしょう。

どうか、ドーパミンが
どのような時に脳内で分泌されるか?
分泌されるとどうなるか?

・・・これらの質問の答えを
見つけられた時は、
今よりは楽になると思います。

参考にして頂けるなら、
嬉しいです。
yuu | 2009年09月21日 00:48

初めてlife委員会の事を
知りました。you tubeで
life委員会の放送?を聞きました

私はまだ中学生ですが、
頑張って何かを変えてみたいです。

私はリストカットをしたりして
本当に弱い人間です。だから
強くなりたいです、変わりたいです。

少しだけ習慣でも変えれる
ように頑張りたいです。
インフルエンザがはやってきている
ので気をつけてください。
shin>yuuさま | 2009年09月21日 22:05
yuuさま、コメントに感謝しています。
ありがとう。

そうですか。
youtubeからですか。
放送を聞いて下さり嬉しいです。


中学生なのですね。
有利ですね。
若いと言う事は武器です。

若い時から
世の中を支配するルールを知るなら
人生全般が比較的有利に運ぶでしょうね。

どうか、そのヒントが
このブログに書いてありますので
一読して頂けるなら嬉しいです。

最後に、温かい気遣いに感謝致します。
中学生で相手を気遣えるyuuさまは立派ですね。
alone | 2009年09月24日 02:48
初めまして、aloneです。


Yahoo!で「死にたい」と検索してlife委員会をしり、
初めて投稿させていただきました。


出来事は1週間目にさかのぼります。


実は今年の2月に韓国の女性と知り合い、付き合っていたのです。 男女間けになるまでは、そう日数は必要とはしませんでした。 そして3月・4月と月日が流れ、5月に入った頃に結婚問題が持ち上がり、6月辺りから結婚を前提とした付き合いを重ね、7月には彼女の実家である韓国のソウルへと行き実家を訪ね、家族の方々を紹介され、彼女の父親が末期がんで余命1カ月あまりと聞き、当然の事ながら祖母は深刻な趣きでいました。

滞在期間が1週間と短い期間だったので、自分だけが帰国して、韓国に居る彼女と連絡をし合っていました。

日本での日本語学校での出席日数や単位が少なければ卒業は危うく、1度 日本へと帰って授業を受けながら数日が過ぎ、8月に入って間もなく韓国から連絡が入り、彼女の父親が亡くなったと知らせが入り、急きょ韓国へと帰国したのです。 ソウルに着いた彼女からの電話では、落ち着くまでの2週間位を韓国で過ごすから、下旬までには帰るね!とはなしていた。

8月下旬には帰国。 9月に入り何度か彼女と会い色々と話をして、同月16日には手料理を持ってきて今後の事を話していて、時間も23時近くなり帰宅し、着くさま0時頃に彼女から”今着いたよ!明日 学校から帰ったら電話するね! 何時もの会話だった。 翌日17日の午後6時・10時の2回 彼女から電話があり、明日の8時に渡したい物がある!会いたい!と言われ、何か様子が普段と違うな!と 感じたのです。

約束の当日、待ち合わせの場所へと間に合うように行き、待っていたのですが、1時間・2時間待っても来るようすもなく、電話をしたら"電波の届かない場所に居られるか?・・と言ったアナウンスが流れ、どうしたのかな?と心配になり彼女の住まいへと行ったら、家は真っ暗で人の気配はなく、翌日の朝方に行った時に近所の方々から話を聞いて、そのお宅ならば2・3日前だったかな?深夜の3時ころにトラックが来て、荷物を運びこんでいたよ!と聞かされ、頭の中は真っ白! 

一生懸命に働いて、貯蓄したお金も使い果たし、前職での事故で障害者になり前職を辞め、それでも仕事をと思い短期間でもバイトを重ねて頑張ってきたのに!
 何故! いったい自分が何をした!! 喜んでくれとばかり思い、彼女だけでなく、彼女のお母さんや妹にまで時間を費やし、信じ・尽くし・自分なりに努力を重ねてきたはずなのに!

亡き父・母・弟の仏前の前で泣き震え、5日が経った。

自分自身でも分からなかった。 一瞬!首を括って死のう!考えていた瞬間から涙があふれ出し・笑いが止まらず・分からない恐怖感に襲われ、本当に今ならば死ねる!と思った矢先に友人が見え、引きとめられた。

夜になると、何かいたたまれずに外へと出ては空を見上げ、涙を流しながら震えている。 そんな日が続いている。 「死にたい」 自分以外に誰もいないこの空間が恐ろしく怖い!
shin>aloneさまへ | 2009年09月24日 22:15
aloneさま、
驚愕の状況を詳しく教えて頂き感謝致します。

状況が状況だけに、
わたしが助けになれることは少ないでしょう。

ただ、お伝えしたい事が
2つございます。

@alone様を恐怖に陥れているものの正体は
 「知らない」という状態です。

人は「知らない」という状態に
大きな恐怖を感じます。

それが、愛する女性の身の上となれば
その恐怖はとてつもなく大きいでしょう。
潰される前に、その恐怖を消し去る必要があります。

Aalone様の恐怖を無くす唯一の手段は
 「知る」ことです。

本来であれば、
「忘れる」という手段もありますが、
alone様の状況では「忘れる」ことは
期待できそうにないと思います。

よって、alone様を苦しめている恐怖を
消すための手段は1つです。

「知る」

この事件に関して、
色々な疑問が頭の中に溢れているでしょう。

それを、全部リストアップして下さい。
そして、その疑問を解明して下さい。

例えば、「彼女はどこへ行ったのか?」
この疑問は是非とも解明したい疑問です。

この疑問を解明するにあたり
注意して頂きたいことがございます。

自分の力に頼ってはいけません。
その手のプロがいる事を忘れないで下さい。

「人探しのプロ」

探偵と呼ばれる職業があります。
人探しのプロです。
まずは、相談してみるのはいかがでしょうか?

自力では解決できない問題でも
プロの手を借りれば糸口が見つかる可能性は
高いのです。

どうか、プロに相談して下さい。
自分の力に頼ってはいけません。
ぴち | 2009年09月27日 22:57
素晴らしいブログを出して下さってありがとうございます。
コメントへのお返事が大変だと思いますが応援しています。
いつも感謝でいっぱいです。
shin>ぴち様 | 2009年09月29日 22:58
親愛なるぴち様

まさか、コメントへのお返事に対して
温かい褒め言葉を頂けるとは思いませんでした。

ぴち様の優しさと心遣いに
深く感謝しています。ありがとう。

私も、ぴち様をはじめ
読者様への感謝の気持ちを忘れずに
ブログの更新に励みますね。
kio | 2009年09月30日 22:05
地方公務員です

税金泥棒です。

やめたくても、
民間に転職できるほどの能力もありません。

世の中すべてから疎まれる役立たずです。

管理人さんも、公務員なんて嫌いでしょう。

わたし、生きてていい理由なんて
あるんですか

shin>kioさま | 2009年10月02日 12:04
kioさま
コメントを残して下さい嬉しかったです。

>地方公務員です。
 税金泥棒です。

やはりそうですか。
内情を知るkio様のコメントだからこそ
説得力が感じられました。

嫌な世の中ですね。

>やめたくても、
 民間に転職できるほどの能力もありません。

ご自身の信念に反して
行動するのは、さぞお辛いと思います。
ましてや、kio様のように
正義感が強い方なら尚更でしょうね。

>わたし、
 生きてていい理由なんてあるんですか

生きてて良い理由・・・
なるほど、改めて考えると興味深いですね。

多くの方は、そこまで考えないでしょうね。
kio様は、考えが深い方なのでしょう。
素晴らしい事だと思います。

・・・参考になれば嬉しいのですが。

生きる理由は、「探す」ものではありません。
生きる理由は、「作り上げる」ものです。

ですから、
kio様を始め私たちが、
生きる理由を自分自身で作り上げない限り、
「生きる理由」などは存在しないでしょう。

生きる理由を「探さ」ないで下さい。
生きる理由を「作り上げて」下さい。

いかがでしょうか?
syu | 2009年10月07日 13:44
もう死にたいです。
悪いことしてないのに自分のことを悪く言う。
いっそ殺してほしいと思う。
自分は確かに何もできないクズだけど危害を加えているわけじゃないのに・・・
逃げたい、逃げたい、逃げたい
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。