死にたい方の【 L i f e 委員会 】| 公式ブログ

死にたい「人生」を逆転させる手順を研究している
Life委員会の公式ブログです。

 

「死にたい」人生を逆転させる手順を、頑張って考えております。

自尊心を守る手段を手に入れる必要性。映画「BR」より

親愛なる読者様
いかがお過ごしでしょうか?

ブログの更新が
1ヶ月以上も止まっておりました。

この一ヶ月、
私の方でも色々な問題が発生しておりまして・・・
このブログの更新を楽しみにして下さっている読者様に
大変申し訳なく感じております。

すみませんでした。


ようやく最近になって
私事に一段落が着いたようです。


これからは再び
マメに更新していきたいと思います。

楽しんで頂けるなら、
そして少しでもお役に立てるなら嬉しいです。


さて、


何年前のことでしょうか?


バトル・ロワイアル
という映画が問題になった事がありました。

私は若者に悪い影響を与えているという評判の全容を知りたくて、
参考のためにその映画を観た事がありました。

(個人的な感想は「酷い」の一語ですね。
 本当に「殺人」の映画ですので観る必要はないでしょう。)


バトル・ロワイアル


大まかな内容としては・・・
ある孤島で、42名の中学生が互いに殺し会う話です。

なぜ殺し合う必要が
あるのでしょうか?


なぜなら、数十人のうち
1人だけが生き残るという「決まり」だからです。


自分1人が生き残るために
生徒たちは自分の持つ知恵を絞ります。
人よりも賢く、優位に立とうと奮闘するのです。


「最後の1人」として生き残るか?
それとも、殺されるか?

2つに1つ、
という究極の選択です。



恐ろしい話だと思いませんか?


もちろん、わたしたちLife委員会は
このような内容のマンガや映画を快く思っておりません。
むしろ、「否定」の立場を取るでしょう。



しかし、今回の記事で
この「バトル・ロワイアル」に言及したのには訳があります。


極端な表現ではありますが、
私たちの住んでいる今の世の中と
「バトル・ロワイアル」の世界とには
幾つかの共通点があるのです。


「まさか!?
 あんな殺し合いの世界と、
 私たちの世界に共通点だって!?」



このように思われるでしょうか?



もし時間が許すのなら、
どうか私がそう考えるに至った経緯を説明させて下さい。




・・・1つの孤島で殺し合う「バトル・ロワイアル」の世界と
私たちの住む世界に見られる共通点とは以下の2つです。


  • お互いが武器で傷つけ合っている
  • 自分が傷つかないためには「賢く」ある必要がある



映画の中では、お互いの体を傷つけようと
ナイフや銃を使っております。


自分がやらなければ、
やられてしまうからです。



では、

私たちがたった今住んでいる世界も
銃やナイフで溢れていると思いませんか?

そうです。

酷い言葉というナイフ。
自分の自尊心を打ち砕く銃弾です。


  • 耳を疑うほど酷い言葉を吐く同僚
  • 自分の弱い自尊心に、さらに傷をつける親の小言
  • 「おまえは無価値だ」という自分自身の心の声



目には見えません。
しかし、目をつぶって考えてみて下さい。


私たちの周りの人達は
鋭いナイフ、恐ろしい銃を持っていませんか?



そのナイフで、
心底傷ついた事がありませんか?

その銃弾で
心を打ち抜かれた経験をお持ちではありませんか?



「バトル・ロワイアル」の世界と似てませんか?

映画の世界では、お互いの体が頻繁に傷つきます。
現実の世界では、お互いの心が頻繁に傷つくのです。


さて、
「バトル・ロワイアル」で武器を片手に動き回る生徒たちは
もちろん自分が傷つかないためにあらゆる手段を考えます。

当然ですよね。
自分が傷ついたら死んでしまうからです。

周りの人は、
銃やナイフという武器を持ってウロウロしているのです。


では、私たちの住む世界にも
自尊心を傷つける武器を持っている人間が歩き回っています。
そのナイフであなたを傷つけようとするかもしれません。


では、質問です?

私たちはその攻撃に傷つかないために
何かの手段を持っているでしょうか?


まさか、ただ傷つけられるままに
任せてはいないでしょうね?



・・・私の言いたい事が
分かって頂けていると思います。


もちろん、私たちの住むこの世界は
住み心地が良く素晴らしい世界です。


ただし、

わたしたちを傷つける「ナイフ」や「銃」を持って
歩き回っている人間も大勢いるのです。

そして実際に、
あなたの自尊心をズタズタに切り裂くかもしれません。


それは、あなたの職場で
大声であなたを叱る上司かもしれません。

それは、あなたの自尊心を砕く
厳しい親かも知れません。

それは、あなたを集団でいじめる
学校の人間かもしれません。


・・・「バトル・ロワイアル」の危険な世界では
他人の武器から身を守る手段が必要でした。
人よりも「賢く」なることも必要でした。



現実の世界も同じなのです。

人の心を傷つける酷い人間がいる限り
私たちも身を守るために手段を持つ必要があるのです。
人よりも「賢く」なる必要があるのです。

そうではないでしょうか?


映画の世界で一番避けたい状況は
手ぶらで何の手段もなく、人よりも「賢くない」ことです。

私たちの世界でも同じです。


一番問題が発生する状況とは
ただ自尊心が傷つけられるままの、解決策を持たない状況です。


あなたはいかがですか?



自分を守る手段、
また「賢さ」を持たない方の結末は
映画でも、この世界でも同じなのです。



「GAME OVER」




どうか親愛なる読者様が
大切な自尊心を傷つけられませんように。
そして、あなたを傷つける人間より「賢く」あれますように。
この記事へのコメント
ゆう | 2009年09月21日 22:56
バトルロワイヤルは15歳?か
そのへんまで上映禁止になったとか…
私は一昨年位かに兄が見ていたので
見てはいけない年齢でしたが見ました。
まぁ、酷いです。でも、その本が私の
通っている中学校の図書館にはバトル
ロワイヤルの本が何冊もあります。
正直悪影響です。男の生徒には一回
話題になっていて、でもそれを
また今度一緒に見ようとか、そんな
感じでお楽しみみたいでした(苦笑)

この世界には見えない銃やナイフが
沢山ありますね。私もそのナイフの
お陰で何回も死にたいと思わされました。

「自分を守る手段…」

考えてみようと思います。




shin>ゆう様 | 2009年09月24日 21:15
親愛なるゆう様
コメントに感謝致します。

ゆう様はお若いようですね。
若い方が、この記事を読んで下さり
とても嬉しく感じております。
ありがとう。

>私もそのナイフのお陰で
 何回も死にたいと思わされました。

これは悲しい事ですよね。
そして、このブログが
「身を守る手段」を探す際に
ゆう様のお役に立てばと願っています。
shin>まい様 | 2009年09月24日 21:58
詳しく教えて下さり
嬉しかったです。

そして、
心が痛みました。

まい様は、よく耐えてこられました。
まい様は、立派です。

では、
お願いがございます。

このブログのメニュー「人間の説明書」
にある記事を、一通り読んで頂けないでしょうか?

この記事には、
とても大切な知識が書かれているからです。
まい様の友達も知らない様な、
とても大切な知識です。

そして、読み終わったら
感想等を再度コメントして頂けるなら
嬉しいです。

どうか、「人間の説明書」を
お読み下さい。助けになると思います。
まい | 2009年09月28日 18:19
一通り読んでみました

なるほどって、思うことは、いくつかありました

「期待」しないとか

でも、人って、期待なんてするもんかって思っても、ついつい「期待」しちゃう
私、期待しちゃいけないって思って生きてきてるけど、そこまで器用じゃないから、「期待」します
それに、期待することをやめた人間って、なんか悲しい

それだけです

shin>まい様 | 2009年09月29日 23:16
記事を一通り読んで下さったのですね。

私のささやかなアドバイスを実行して下さった事に
深く感謝しています。ありがとう。

>私、期待しちゃいけないって思って生きてきてるけど、
 そこまで器用じゃないから、「期待」します。

私もときどき
人に期待して、失敗して、傷つきます。

やっぱり人間であるなら誰でも
期待という「絆」で結ばれたいですよね。

ですから、
期待する事は
とても大切な事です。

「期待する」=「信頼する」
だからです。

だからこそ、
誰それ構わず期待しては危険なのです。
誰それ構わず信頼する事は危険だからです。

人を選んで信頼して下さい。
人を選んで期待して下さい。

そうすれば、不必要に
まい様が傷つかなくて済むでしょう。
Maria | 2009年10月02日 01:05
こんばんは。Mariaと言います。

両親が共働きで、中学ぐらいから家事をしろと言われ、勉強して帰ってから晩御飯を作ったり洗濯をしたりしていました。そして母親がよくキレては、私を無視したり、むすっとして冷たい態度を取ることが多かったので、そういうときは子供のころから、泣いて誤れば済むと思い、そうしてきました。
でも高校や大学になると、それも厭になり、とりあえず笑顔になる努力はしたのですが、癖なのか、母親が怖い声で話し出すと、特に泣くような事でもないのに、体が自然に反応して、勝手に涙が出るようになりました。
そして今は看護師学校へ行くために予備校に通っているのですが、一昨日、昨日と自習して遅く帰ると、無視されました。
兄からは、お母さんは今忙しいから、晩御飯を作って欲しいみたいなんだ、と言われました。
だから私は今日自習せずに帰り、晩御飯を作ったのですが、食べてくれませんでした。それどころか、お母さんだって作れるんだから、帰ってこなくていい、と言われました。

それと予備校がある日はお母さんが作るけど、あんたはいないモノとして作るから。と言われました。

今まで何かと嫌味の多い母親でしたが、私がバカで出来の良くない子なので、ちゃんと我慢していました。
でも今日の帰って来なくていい、はこたえてしまい、風呂場でかみそりを持ってしまいました。

私はちゃんと、メールで遅くなると伝え、次の日は口頭で言いましたが、笑顔だったので、了解したと思っていたのにな。

昔から兄がたまに料理したり選択すると凄い褒めたりするのも厭でした。

昔から家は出たかったのですが、金銭的に無理だし、自分のやりたい事をするには家にいるほうがいいと思って家にいます。看護学校に入っても就職するまでは家から通うつもりです。

でも今日、何で帰ってきたの、って言われて、どうしたらいいかわからなくなりました。
メム | 2009年10月02日 03:51
まい様 shin様
お話を横から見ていて少し思ったので言わせて下さいな。

まい様が告白した相手は相当気弱な方でしょうね。鬱憤晴らしというよりも彼の自尊心を傷つけてしまったのでしょう。
それでもほめられたことではありませんが・・・。

それでも期待してしまうまい様は素敵な心の持ち主だと思います。
期待することをやめた人間が悲しい。その通りだと思います。

世の中にセレンディピティと言う言葉があります。
あまり使われる人は少ないですが良い言葉だと私は思っています。
偶然の発見みたいな幸運を指す言葉なのですが・・・
このセレンディピティという偶然は自ら人を選んで降りてくると言われています。

「期待」も同じではないでしょうか?
期待するには、それだけの準備が必要なのです。

裏切られた経験も、傷ついた経験もその準備なのかもしれません。
その先には期待以上のものがあるかもしれません。
人間の想像出来ることはだいたい実現出来ると言われています。(時代が変わるくらい未来になるかもしれませんけど)

自分の期待出来る程度のことなら全然起こり得ますよ・・・って僕は思います。

準備の出来たまい様を、幸運が選んでくれますように^^
shin>maria様 | 2009年10月02日 12:21
maria様、コメントに感謝致します。
そしてmaria様は立派です。

腹立たしいお母様の為に、
よくぞ我慢してこられましたね。

偉いと思います。


さて、知っておくと
安心できる知識がございます。

maria様が、お母様の言動にショックを受ける理由。
maria様が、お兄様びいきに嫌気を感じる理由。

それは、maria様の重要感が
傷ついているからに他なりません。

「重要感」という言葉の詳しい説明は
メニュー「人間の説明書」にございますが
お読み頂けたでしょうか?
まい | 2009年10月03日 16:22
shinさん>

優しい言葉、ありがとうございます
私、「期待しない」という言葉は、ここでないところでも、教わったことがあったんです
ヘタに何かに期待してしまうと、期待が壊れてしまった時、すごく悲しいから、期待せずにいた方がいいって。
でも、それは逆に期待してなかった時に、良いことが起こったら、とても嬉しく、幸せな気持ちになれるからって。救われた気持ちになれるからって。。。


そして、現在、私、人に対して、信用はしてません(出来ないのかな?
けど、時折、「人の可能性」に期待を湧きあげるから、ダメになるのかも。

あと、ごめんなさい。最初に投稿した胸の内?過去告白、文は消してくれますか?見てて悲しくなったから


メムさん>
優しい言葉、ありがとうございます
私、分かってます。あの人は、そういう人じゃなかったのでは、ないのかなって。それか、相当のダメな人。
辛い経験だし、憎しみの心は、すごくある。でも、どんなに酷い人であったという記憶があっても、その人を心から大好きでいた私がいたことに変わりはありません。悪かったのは、あの人だけじゃないのかなっても思っているんです。だから、救われていて、とても悲しいです。




それだけです



ヨシ | 2009年10月08日 23:26
死にたいって言葉が頭に浮かんで、こちらのホームページに辿りつきました。
バトルロワイヤルは確かにひどい映画ですね・・・。
生きてると本当に辛いことが多くて…。悩む。

僕は路上ミュージシャンなのですがナイフという曲があるので良い文章を拝見させて頂いたお礼に・・・。
         ナイフ

最近世の中がおかしくないか 何か軸になるものなくしてないか

人が人を愛する基本の原理 人が人を傷つける景色が目立つ

ナイフのような鋭い心 ナイフのような鋭い視線

ナイフのような言葉でずたずたに引き裂かれ ボロボロになったら見向きもしてくれない

孤独を抱きしめて一人で歩き出す 孤独は辛いけど幸いに生きてる

大丈夫ってなんなんだ まだ若いんだからと 慰めているつもりかい 肩なんか気安く叩くな

俺と同じやつ等に 歌うよいつも 腐りかけた世代に叫ぶよ今日も 俺の愛する人たちに歌うよ いつも

有難う。ホームページ運営頑張って下さい。
さ | 2009年10月24日 00:36
どうしてそんなにしったげか〜
私 | 2009年11月02日 11:18
数日前、初めて死ぬ一点の感覚になり
ホテルで自殺しようと
本気で決め、行動してしまいました

自分で自分が信用出来ません
自分じゃない自分になるのが怖いです
こんな事ばかり思う自分も嫌

自分である内に
消えたくなります

私にとって、生きる力だったものが
あっという間に消えていって
心が空っぽです
らず | 2009年11月08日 21:18
私は人の優しさが
分かりません。
両親は離婚して、
好きな人にはふられて、
私は生きている意味が
あるのでしょうか?
もう何も分かりません
らず | 2009年11月08日 21:18
私は人の優しさが
分かりません。
両親は離婚して、
好きな人にはふられて、
私は生きている意味が
あるのでしょうか?
もう何も分かりません
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。