死にたい方の【 L i f e 委員会 】| 公式ブログ

死にたい「人生」を逆転させる手順を研究している
Life委員会の公式ブログです。

 

「死にたい」人生を逆転させる手順を、頑張って考えております。

2008年の世界大学ランキングが明かす!ユダヤ人の天才頭脳

問題です。
日本で、一番優秀な大学はどこでしょうか?


これは、簡単ですよね。
答えは、『東京大学』です。


東京大学の安田講堂
»»»全文を読む

ユダヤ人は、天才をつくる「教育制度」を持っている

私たちの「常識」は、テレビの影響をかなり受けています。
世界的に有名な市場調査会社のNielsenの報告に
私たちは驚くでしょう。


米国人は1カ月に平均151時間以上テレビを視聴する


»»»全文を読む

利益最大化のために従うべき、見えないルールとは?&付録(完)

投稿者:shin | コメント(0) | 人間の説明書

有意義な人生を送る上で、
人間の欲望についての知識を学ぶことは重要です。
なぜなら、以下の事実が存在するからです。


  • 人間は欲で動いている
  • 経済も欲で動いている
  • 世界は欲で動いている

地球には地軸があります。


軸を持つ地球

»»»全文を読む

人を生かす教育=激励して、自信を持たせる教育

投稿者:shin | コメント(0) | 人間の説明書

「死にたい」という凹んだ気持ちを持つ人は
「死にたい」という気持ちを持つように教育されてきた人です。


人間は、スポンジのようです。


生まれてから、今に至るまで
私たちは、周りに溢れる様々な要素を吸収してきました。
逆に言うと、
周りにある要素しか吸収していないのです。


»»»全文を読む

自分の良い評判を傷つけまいとする人情を利用した「説得術」

投稿者:shin | コメント(0) | 人間の説明書

以下の2つの言葉のうち
どちらが、私たちのやる気を起こすでしょうか?


  1. 「君のプレゼンは評判がいいよ。今回のも期待しているよ」
  2. 「今回のプレゼン、本当に大丈夫なのぉ?心配だなぁー」

当然、
1番の言葉にやる気が湧くでしょう。
なぜでしょう?


»»»全文を読む

子供の悪い部分を強制するには、褒めるのが一番!?

投稿者:shin | コメント(0) | 人間の説明書

想像してみて下さい。


無免許ドライバーで道路が溢れていたら、どうなるでしょうか?
ろくに車の運転の仕方を学んだことのない運転手が、
あちらこちらの道路を走っていたらどうなるでしょうか?


あちらこちらで大事故です。w
町中に、事故の煙が立ち上ることになるでしょう。
大惨事です!


町中が炎に包まれる大惨事
»»»全文を読む

なぜか、あまり言及されないストレスの根本原因とは!?

投稿者:shin | コメント(4) | 人間の説明書

日本はストレス大国です。


このブログを職場のPC(パソコン)から
ご覧になっている方もいらっしゃるでしょう。
仕事場には、ストレスが生まれる原因がたくさんあります。↓


  • 上司がハンパなく厳しい
  • 同僚からの嫌がらせが辛い
  • ありえない量の残業がキツい
  • 何の面白みも無い作業を一日中 etc.

職場のストレス要因。職場の人間関係、仕事の増大、業績第一
»»»全文を読む

権威のある方にお勧めしたいこと→命令ではなく提案を

投稿者:shin | コメント(2) | 人間の説明書

人間の行動は全て、3つに分類されます。


  1. 生命維持のため(生きていくため)
  2. 人を喜ばせたいという願望のため
  3. 「自分は重要な存在だ」と認識するため

人が行動するとき、上記の3点以外の要因は存在しないでしょう。
つまり、
友達を作ったり、人を動かしたいのであれば
上記の3点に即した方法を考える必要があるわけです。


»»»全文を読む

相手と自分の天秤関係がどの状態の時に、人は過ちを認めるか?

投稿者:shin | コメント(0) | 人間の説明書

さてさて、
この本『人を動かす』からの考察も終盤を迎えております。


振り返ってみますと『人を動かす』で繰り返されている事柄、

< できる限り、相手を優先するように >

を、実践するのは簡単ではないでしょう。
大きな原因として、以下の2つがあげられると思います。↓


  1. 人間は、自分を優先する傾向を持っている
  2. 人を優先させる教育を受けてこなかった

»»»全文を読む

“でも”は禁句!?USスチールの創業者に学ぶ

投稿者:shin | コメント(2) | 人間の説明書

今回の記事で考えるのは、
『人を築き上げる9原則』の内、2番目です。


< 控えめに、遠回しに注意を与える >


注意したい点には直接触れずに、注意するということです。
どういうことでしょうか?
チャールズ・シュワッブさんがいい手本になってくれてます。


チャールズ・シュワッブ
»»»全文を読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。